利用規約

第1章総則

第1条[目的]

本規約は、プレクシスエドゥダトコム(以下"会社"といいます)がウェブサイト(praxised.com)を通じて提供する教育情報サービス(以下"サービス"といいます)の利用と関連して、会社と会員間の権利ㆍ義務および責任事項を規定することを目的としています。

第2条[用語の定義]

  1. 本規約で使用する用語の定義は次のとおりです。
    1. "利用者"とは、"会社"のWebサイトにアクセスし、本規約に基づいて、"会社"が提供する"コンテンツ"と諸サービスを利用する"会員"と"非会員"を指します。
    2. "会員"とは、会社のウェブサイトにアクセスして、本規約に同意することで、会社と利用契約を締結し、ID(ID)を付与された者で会社が提供する情報とサービスを持続的に利用することができる者をいいます。
    3. "コンテンツ"とは、会社のウェブサイトで提供するオンライン講座やその他の関連情報を意味することで、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律第2条第1項第1号の規定による情報のネットワークで使用される符号ㆍ文字ㆍ音声音響ㆍ画像や映像などで表現されるデータや情報をいいます。
    4. "ユーザ名(ID)"とは、会員の識別とサービス利用のために会員が決め、会社が承認する文字または数字の組み合わせです。
    5. "パスワード(password)"とは、サービスをご利用の場合、IDと一致する会員であることを確認し、会員の個人情報を保護するために、会員自身が決めた文字や数字の組み合わせです。
    6. "所有者(管理者)"とは、サービスの全面的な管理と円滑な運営をするために会社から指定の人や会社を指します。
    7. "会員の投稿"とは、会社のサービスが提供されるウェブサイトの会員が投稿、画像、様々なファイルとリンク、様々なコメントなどの情報を意味します。
    8. "終了"とは、会社や会員がサービスを開始後、利用契約を解約することです。
  2. 前項各号に該当する定義に加えて、その他の用語の定義については、取引慣行及び関係法令に従ってください。

第3条[会社の識別情報等の提供]

会社は、会社の商号、代表者の氏名、住所、電話番号(消費者の苦情を処理する所の連絡先を含む)、ファックス番号、電子メールアドレス、事業者登録番号、通信販売業申告番号、および個人情報管理責任者などを利用者が簡単にわかるように、オンラインサービスの初期化には、に掲載されます。

第4条[規約の発行など]

会社は、利用者が個別の接続画面の中の利用規約を確認できるように、会社のウェブサイトで公開し、利用規約の全文を出力できるようにしています。

第5条[規約の改正]

  1. 会社は、関係法令に違反しない範囲で、本規約を改訂することができます。
  2. 会社の規約を改正する場合には、適用日及び修正理由を明示して、改正前の規約と適用範囲14日も前から会社のウェブサイトで確認できるように公開して、既存の会員は、本規約第8条の方法を通じて、利用規約改正事実を通知します。
  3. 既存の会員が変更された約款に同意しない場合は、サービスの利用を停止し、会員脱退をすることができます。

第6条[規約の効力]

  1. 本規約は、利用者が利用規約の内容に同意し、会員登録を申請し、会社がその申し込みに対して承諾することで効力が発生します。
  2. 同社は、既存の会員が本規約第5条第2項の規定による通知または通知にもかかわらず、同期間内に異議を提起していない場合は、変更された利用規約を承認したものと見なします。
  3. 本約款に明示されていない事項については、"条件の規制に関する法律"、"情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律"、"電子商取引などの消費者の保護に関する法律"及びその他関連法令の規定に従ってください。

第7条[規約の解釈]

本規約に定めない事項及び本規約の解釈については、関係法令または商慣例に基づいて解釈されます。

第8条["会員"に通知]

  1. 会社は、会員に通知する事項が発生した場合には、会員登録の際に会員が公開した電子メールアドレスやメッセージ、ポップアップ、有ㆍ無線などの方法で通知することができます。
  2. 会社は、会員全体への通知の場合、14日以上の会社のウェブサイトの掲示板に掲示することにより、前項の通知を置き換えることができます。ただし、会員本人の取引に関連して、重大な影響を及ぼす事項については、前項と同じ方法で、個別通知することができます。

第2章会員登録

第9条[会員登録]

  1. 会員として参加して会社のサービスの利用を希望する者は、利用規約の内容を熟知し、同意します]を表示して、会社が提示する所定の登録フォームに関連する事項を記載して会員登録を申請しなければなりません。
  2. 会社は、前の項の規定により会員がオンライン登録申請フォームに記載しているすべての会員情報を、実際のデータであると見なされます。
  3. 会社は、本条第1項の規定による利用者の申請に対して会員登録を承諾することを原則とします。ただし、会社は、次の各号に該当する申請については、承諾しないことがあり、承諾後でもキャンセルすることができます。
    1. 利用者の責に帰すべき事由により承認が不可能な場合は、
    2. 他人の名義や個人情報を盗用する場合は、
    3. 虚偽の情報を提供している場合は、
    4. 会社が提供する会員登録申請フォームに関連する内容を記載していない場合は、
    5. 前の会社の利用規約や関係法令に違反して、会員資格を喪失された場合は、
    6. 本規約第19条[会員の義務]に違反している場合は、
    7. その他、本約款及び関係法令に違反する場合、
    8. 会員登録申請フォームに記載して会社に提供される個人情報(ID、パスワード、メールアドレスなど)は、善良な風俗その他社会秩序に違反するコンテンツや、他人を侮辱している場合は、
  4. 会社は、サービスの関連設備の余裕がない場合、技術上または業務上の問題がある場合には、承諾を留保することができます。
  5. 会社がこの条第3項および第4項の規定により会員登録申請の承諾をせず、又はユボハン場合は、ポップアップウィンドウの中のすぐに利用者(申請者)に通知します。ただ、会社の帰責事由なしに、申請者に通知することができない場合は例外とします。

第10条[会員情報の変更]

  1. 会員は、会社のウェブサイトの"個人情報の編集"ページでいつでも自分の個人情報を閲覧して変更することができます。
  2. 会員は、前項の変更を修正しないために発生した不利益に対して会社は責任を負いません。

第11条["会員"の"ID"と"パスワード"の管理の義務]

  1. 会員は、IDとパスワードの管理責任があり、これを他人に公開して、第3者が使用するようにしてはされています。
  2. 会員は自分のIDとパスワードが流出し、第三者によって使用されていることを認知した場合、すぐに会社に連絡してください。
  3. 会社は、前項の場合は、会員の個人情報の保護、およびその他のサービスの不正利用行為の防止等のための会員へのパスワードの変更など必要な措置を要求することができ、会員は、会社の要求があるすぐに会社の要請に誠実に応じなければしています。
  4. 会社は、会員が本条第2項及び第3項の規定による義務を誠実に履行していない発生した不利益に対して一切責任を負いません。

第12条[退会、再登録、および資格喪失など]

  1. 会員が退会を希望する場合には、本人が会社の顧客センターに電話をするか、ホームページ中の退会申請をしなければなりません。
  2. 会社は、会員の再登録申請のために退会申請後、1週間、会員の活動履歴や受講履歴を保持します。ただし、退会申請後、1週間後に会員のすべての情報をすぐに削除します。
  3. 会員は、退会申請後、1週間以内に再登録申請を行うことができ、個別の登録手続きなしですぐにサービスをご利用が可能です。
  4. 会社は、会員が本規約または関係法令に違反している場合は、サービスの利用を制限したり、会員資格を喪失させることができます。
  5. 1年の間にログインの記録がない場合は自動退会されます。
  6. 前項の規定による措置は、本規約第19条第2項の規定を準用しています。

第3章サービス利用契約

第13条[サービスの利用契約の成立とお支払い方法]

  1. 会員は、同社が提供する次の各号または類似の手順によって、コンテンツサービスの利用を申請します。会社は、契約締結前に、次の各号の事項についての会員が正確に理解し、間違いやミスなしで取引できるように情報を提供しています。
    1. コンテンツリストの閲覧および選択
    2. コンテンツの詳細情報を確認
    3. お支払い方法をクリック
    4. ご注文商品と決済金額の確認(返金のご案内)
    5. お支払い方法の選択
    6. お支払い金額を再確認
    7. お支払い
  2. 会員は、クレジットカード、リアルタイムの口座振替、携帯電話の請求書等の会社で定めている方法で、有料サービスの決済が可能です。ただし、各決済手段ごとに決済手段の特性に応じた一定の制限がある可能性があります。
  3. 未成年の会員のお支払いは、原則として保護者[法定代理人]の人、または保護者[法定代理人]同意の下に行われると、保護者[法定代理人]は、本人同意なしに締結された子ども(未成年者)の契約を取り消すことができます。
  4. 未成年者が有料サービスの代金を、自分の名義でお支払いされる場合は、当該未成年者は、法定代理人等の保護者の承諾を証明する文書、電子メールなどを提供したり、有ㆍ無線を通じて確認をすることができるように、保護者の連絡先を提供しなければなりません。もし、これらの手順を履行しない場合は、お支払い金額は、保護者[法定代理人]によって処分を許された財産を見ることができます。
  5. 会社は、保護者の同意するかどうかを有ㆍ無線などの方法により確認することができます。

第14条[利用申し込み]

  1. 本サービスを利用するためには、会社所定の参加申込書に必要なすべての利用者の情報を記録して申請します。
  2. 参加申し込みフォームに記載するすべての利用者の情報は、すべて実際のデータと見なされます。説明や、実際の情報を入力していないユーザーは、法的な保護を受けることができず、サービスの制限を受けることができます。

第15条[利用申請の承諾]

  1. 会社は、会員が本条上記規定の手順に従い、有料サービスの利用を申請する場合、承諾の意思表示により、本規約第8条で規定する方法により会員に通知し、承諾の通知が会員に到達した時点で契約が成立したものとします。
  2. 会社は、会員の有料サービスの利用申請が次の各号に該当する場合にその事由が解消されるまで承諾を留保することができます。
    1. 有料サービスの利用料金を納入していない場合は、
    2. 有料サービスの申請金額総額とご入金金額が一致していない場合は、
    3. その他の合理的な理由がある場合であって、会社が必要と認められる場合
  3. 会社は、次の各号に該当する場合にこれを承諾しないことがあります。
    1. 他の人の名義を使用して申請した場合、
    2. 利用申し込み時に利用者情報を偽って記載して申請した場合、
    3. 社会の安寧秩序または美風良俗を阻害する目的で申し込んだ場合
    4. その他の会社所定の利用申請の要件を満たしていない場合は、

第16条[利用者情報の変更]

  1. 会員は、個人情報の管理システムを使って、いつでもご本人の個人情報を閲覧して変更することができます。
  2. 会員は利用申し込み時に記載した利用者の情報が変更された場合には、オンラインでの変更をしなければならないし、未変更により発生した問題の責任は利用者にあります。

第17条[会社の義務]

  1. 会社は、サービスの提供に関連して取得した会員の個人情報を本人の事前承諾なしに他人に公開、または配布することはできません。ただし、次の各号に該当する場合は例外です。
    1. 電気通信基本法などの法律の規定によって国家機関の要求がある場合は、
    2. 犯罪に対する捜査上の目的があったり、情報通信倫理委員会の要請がある場合
    3. その他の関係法令で定めた手続きによる要請がある場合は、
  2. 会社は、本条上記規定の範囲内で、会社は業務に関連して会員全体または一部の個人情報に関する統計データを作成し、それを使用することができ、サービスを通じて会員のコンピュータのCookieを送信することができます。この場合、会員は、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーの受信に対して警告するように使用するコンピュータのブラウザの設定を変更することができます。
  3. 会社は、会員がサービスを利用する過程で、会員の個人情報が外部に流出されないようにファイアウォールを設置するなど、個別のセキュリティデバイスを使用しており、その具体的な内容は、会社のウェブサイトの"プライバシーポリシー"で確認することができます。
  4. 会社は、会員が有料サービスの利用とその代金の履歴を頻繁に確認できるように措置しています。
  5. 会社は、サービス利用と関連して、会員から提出された意見や不満が正当と認めた場合には、これを遅滞なく処理されます。会員が提起された意見や苦情については、掲示板を活用したり、電子メールなどを通じて、そのプロセスや結果を提供しています。
  6. 会社は、本契約に定める義務の違反により、会員が被った損害を賠償しています。

第18条[会員の義務]

  1. 会社の明示的な同意がない限り、会員の利用権は、会員の個人に限定されており、他人に譲渡、贈与するか、またはこれを担保として提供することはできません。
  2. 会社は、会員が次の各号に該当する義務を違反した場合、期間を定めて全部または一部のサービスの利用を停止したり、相当の期間の上の後、利用契約を解約することができます。
    1. 会員が利用申請または変更時、虚偽の事実を記載したり、自分自身または他の会員のIDや個人情報を利用/共有している場合は、
    2. 会員が会社または第三者の権利または著作権を侵害している場合は、
    3. 会員会社が提供するサービスを利用して商品や役務を販売する営業活動などの商行為をしている場合は、
    4. 会員が他の利用者のサービス利用を妨害したり、会社の運営者、従業員や関係者を詐称している場合は、
    5. 会員が会社のウェブサイト内で、社会の安寧秩序または美風良俗を阻害する行為をしたり、それに関連するコードㆍ文字ㆍ音声音響や映像などの情報を公開して、他人に流布させる場合は、
    6. 会社のサービスの運営を故意に妨害したり、グリハル目的のために多くの情報を転送したり、広告性の情報を送信する場合は、
    7. 関係法令およびその他、本規約に規定した事項に違反した場合
    8. 会社や他人の名誉を毀損したり侮辱している場合は、

第4章サービス提供及び変更

第19条[有料サービスの内容]

  1. オンライン学習と教材
    1. 単語の学習は、1日1回を原則とします。
    2. 個人の事情で1日1回のレッスンをしなかった場合、翌日の連続2回のレッスンです。(ただし、週最大6回まで可能)
    3. 単語の学習時に追加の学習を継続して要求する場合、会社は予告なしにサービスの利用を停止することができます。
  2. 様々な有料利用券

第20条[サービスの提供及び変更]

  1. 会社は年中無休、1日24時間サービスを提供することを原則とします。
  2. 会社は、運営上または技術上などの相当な理由がある場合は、提供しているサービスを変更することができます。
  3. 前の項に基づいてサービスが変更されている場合は、変更される理由とその内容を本規約第8条の規定による方法で会員に通知します。

第21条[サービスの停止]

  1. 会社は、次の各号に該当する場合にサービスの提供を一時的に停止することができます。この場合、会社は、第8条に定めた方法で、"会員"に通知します。
    1. サービス用設備の最適化のためのシステムの点検、設備保守のためやむを得ない場合
    2. 分散型サービス拒否(DDoS)攻撃などにより発生したサービスの障害復旧のためにやむを得ない場合
    3. その他のサービス設備の障害またはサービス利用の急増などで、サービス利用の支障がある場合
    4. 電気通信事業法に規定された基幹通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
    5. 国家非常事態、自然災害によるやむを得ない場合
  2. 会社が事業種目の転換、事業の放棄、企業間の統合などの理由でサービスを提供することができなくなる場合は、本規約第8条で定める方法により会員に通知し、本規約第25条の規定により払い戻しが行われます。

第22条[情報の提供および広告の掲載]

  1. 会社は、会員がサービスの利用中に必要と認められる様々な情報をお知らせや、電子メールまたはユソンサンなどの方法で会員に提供することができます。ただし、会員はいつでも電子メールなどを通じて、着信拒否をすることができます。
  2. 会社は、サービスの提供と関連して、そのサービスの画面で、会社のウェブサイト、会員登録時にメンバーが作成した電子メールなどに広告を掲載することができます。広告が掲載された電子メールを受信した会員は、着信拒否をすることができます。

第23条[会員が登録した記事の削除]

  1. 会社は、会員が登録した記事のうち、本規約及び関係法令等に違反する投稿がある場合、これを遅滞なく削除します。
    1. 他の会員または第三者を誹謗したり中傷することで、他人の名誉を毀損された場合は、
    2. 公の秩序及び公序良俗に違反する場合、
    3. 犯罪的行為に関連すると認められる内容の場合
    4. 企業の知的財産権、他人の知的財産権など、その他の権利を侵害する内容の場合
    5. 企業で規定した掲示期間を超過した場合
    6. その他関係法令に違反すると判断される場合は、
  2. 会社が運営する掲示板などに投稿された情報により法律上の利益を侵害された者は、会社に、当該情報の削除や反論の内容の掲載を要求することができます。この場合、会社は、遅滞なく必要な措置を取り、それをすぐに申請者に通知します。

第5章有料コンテンツサービスの払い戻しと被害補償

第24条[会社の払い戻し規定]

  1. 会員は、払い戻しや変更を有ㆍ無線の方法を通じて、会社にその意思を表示しなければならず、会社は、払い戻しのリクエストを受理し、会員の要求に払い戻し規定を確認した後、できるだけ速やかに返金いたします。
  2. 会員は、決済完了後、レッスン開始前14日以内に、学習の3つの川受講前にオンラインでの払い戻し請求が可能で、3つの川に学習した場合は、返金は不可能です。
  3. 会社は、本規約第22条第2項及びその他のやむを得ない事由によりサービスを継続することができない場合には、その会員に公知した後、できるだけ速やかに返金いたします。
  4. 会員が関係法令および本規約の規定に違反して、会社からの強制退会処理がされている場合は、本条の返金規定は適用されません。

第25条[サービスの欠陥などによる被害補償](PCを介してWeb上に受講の場合に限る)

  1. 会社の帰責事由の連続1日以上の利用停止、または障害が発生したり、利用停止、または障害が発生した累積時間が1ヶ月の基準の48時間を超えている場合(利用停止または障害時には、利用者が事業者に通知時から起算)は、利用停止または障害時の2倍の利用期間を延長します。
  2. 前項のサービス利用の障害になるのが全体の利用日数、または全ての利用回目の1 / 2を経過すれば、会社は会員に授業料を全額返金します。
  3. サービスの改善のための設備の点検及び補修時の会社は、合理的な期間内にホームページを通じた事前告知をしています。この場合、会社は、サービス利用の障害についての責任を負いません。
  4. 第3者の故意または過失によりサービスが停止したり、障害が発生した場合、会社は、事後通知をします。この場合、会社は、サービス利用の障害についての責任を負いません。

第6章その他

第26条[著作権]

  1. 同社が提供するすべてのコンテンツの著作権は会社にあります。
  2. 会員は、会社が提供するサービスを利用することで得た情報を会社の事前承諾なしに録画ㆍ複製ㆍ編集ㆍ展示転送ㆍ展開ㆍ販売ㆍ放送ㆍ公演するなどの行為で、同社の著作権を侵害してはいけません。

第27条[個人情報保護]

  1. 会社は、会員の個人情報の保護を重要視して、会員が当社のサービスを利用するとともに、オンライン上での会社に提供された個人情報の完全な保護のために全力を尽くしています。
  2. 個人情報の保護に関連する詳細については、会社のウェブサイトで電子的に表示形式で提供される個人情報の取扱い方針で確認することができます。

第28条[損害賠償]

  1. 会社はサービス料金が無料の間のサービス利用と関連して会員に発生したいかなる損害についても責任を負いません。
  2. 会員がこの規約の規定に違反して、会社または第三者に損害が発生した場合は、この約款に違反した会員は、会社および第三者に生じた損害を賠償する責任があります。

第29条[免責事項]

  1. 会社は天災地変またはこれに準ずる不可抗力によってサービスを提供することができない場合には、サービス提供に関する責任が免除されます。
  2. 会社は、会員の帰責事由により発生したサービス利用の障害に対しては責任を負いません。
  3. 会社は、会員がサービスに関連して、掲載した情報、資料、事実の信頼性、正確性などの内容に関しては一切責任を負いません。
  4. 会社は、利用者相互間または利用者と第三者の間でコンテンツを媒介にして発生した紛争などについて、一切責任を負いません。

第30条[紛争の解決など]

  1. 会社は、紛争が発生した場合に会員が提起する正当な意見や不満を反映して、適切かつ迅速な措置を講じています。ただし、迅速な処理が困難な場合に、会社は会員にその事由と処理日程を通知します。
  2. 前項にもかかわらず、本規約およびサービスの利用および会員と会社間の関連情報は、すべて日本の法令の適用を受けます。

第31条[管轄]

本契約上の紛争について訴訟が申し立てられる場合、会社の本社所在地を管轄する裁判所を専属管轄裁判所とします。

[付則]

(施行日)この約款は、2010年4月20日から施行します。

個人情報保護方針利用規約カスタマーサポートサイトマップお問い合わせFacebook
Copyright © 2008-2017, Westbridge Education LLC有効なHTML任意のブラウザを使用する